排熱回収システムの効果

家庭、会社、工場など火を使ってお湯を沸かしたりするシステムは多く使われております。

様々な分野の熱回収情報探しならこちらをご確認下さい。

火力発電所の発電システム、工場のボイラーシステムはその代表です。


高温の水を蒸発させて蒸気の圧力でもってタービンを回して発電したり、蒸気を使っていろんなもの消毒したりします。


その使われた蒸気は冷やされて高温の水になりますが、それをそのまま排水してしまうと温めたエネルギーを捨てることになります。水を温めて蒸気になるまで熱するには石炭、天然ガスなどの化石燃料をたくさん利用します。



しかし、温めた水を捨ててしまうとエネルギーを捨てることになります。
熱水はエネルギーなのです。

利用されて捨てる水の熱でもって、利用される前の水を温めると、ボイラーでの温める温度が少なくてすみます。



真水から100度まで温めるエネルギーと排熱で排熱で温められた水を温めるのでは後者のほうが使われるエネルギーは少なくてすみます。これが排熱回収です。


排熱回収システムは工場の省エネに大きな効果が期待できます。それは大きな工場ほど排熱回収の効果は大きく、その効果はガス代などのエネルギーの何パーセントかになります。

工場の経費削減だけでなく、化石燃料を燃やさないことは地球温暖化にも多く貢献することにもなります。
太陽光発電だけが省エネではありません。


排熱回収は配管設計だけで済むケースもありますが、専用の熱交換器を利用するケースもあります。

設備投資は回収することができますのでぜひ熱回収のシステムを導入することをお勧めします。