マルチサイクロンとは?その特徴は?

現代社会においては科学技術の発達によって様々な分野の産業が発達を遂げ続けています。

一昔前のように製品を作り出すために地球の多くの資源を消費しながら製造することと同時に多くの老廃物を排出するのではなく、限りある資源を大切に使用しながら、地球環境にも配慮される事も大切な目的の一つとして技術は進歩しているのです。

マルチサイクロンとはマルチクロンとも言われており、小型サイクロンを2基以上並べたものを指します。


機械式のサイクロン集塵機は小型のタイプほど集塵効率が高くなっているために多数の小型サイクロンを並列に使用すると圧力損失があまり変わらずに効率を上げることが可能です。

ターゲットに応じたマルチサイクロンの情報ならこちらを参考にしてください。

商品として提供されているマルチサイクロンは、遠心力だけで水の中の汚れを分離することが出来る遠心分離プレフィルターを指します。
水より比重の高い異物や汚れなどを20ミクロンの単位から簡単に除去することが可能です。
クーリングタワーなどの循環水や砂ろ過装置の前処理など、様々な用途で利用されておりメインフィルターへ入る異物の80%を除去する事が可能であるために、水環境の改善を行うことが可能です。
これらの特徴からマルチサイクロンを使用することで節水やメインフィルターのメンテナンス省略化の役割も果たします。



さらには分離した異物を洗い流す水量も少なく済む為に、水の節約効果も期待できます。

また、フィルターが無いためにポンプ等を停止する必要もありません。


常に高い集塵効率が得られるためにダクトワークが簡単に行われ、無くコストダウンにも最適です。